《肩こり》肩はなぜ痛くなるの? | 本郷三丁目駅より徒歩5分の本郷赤門前鍼灸院整骨院 | 2021年11月8日
トップページ > ブログ > 未分類 > 《肩こり》肩はなぜ痛くなるの?

《肩こり》肩はなぜ痛くなるの?

  • 2021年11月08日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは、本郷赤門前鍼灸院整骨院です。

日々の生活習慣や姿勢が原因で起こる《肩こり》、

病気が原因の《肩の痛み

など肩の痛みを訴える方は多いです。

生活習慣や姿勢が原因の痛みであれば、生活習慣や姿勢を正すことで

痛みを和らげることが可能です。

しかし病気が原因である肩の痛みの場合自己判断は禁物です。

必ず専門医の指示を受けることをお勧めします。

この《肩こり》具体的にどのような症状・原因・予防ができるかまとめてきます。

(過去の方のお話はこちらから)

【症状】

首すじ・首のつけ根から、肩または背中にかけて張った・凝った・痛いなどの感じ、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心になります。

【原因】

首や背中が緊張するような姿勢での(長時間)作業、悪い姿勢(猫背・前かがみ)、運動不足精神的なストレス、がんせいなで肩、連続して長時間同じ姿勢をとること、ショルダーバッグ、冷房(冷え)、睡眠不足眼精疲労

などが原因になります。

【予防】

◇同じ姿勢を長く続けない。

◇カイロや蒸しタオルなどで肩を温めて筋肉の血行を良くし疲労をとる。

◇適度な運動や体操をする。

◇入浴し身体を温め、リラックスする。

◇睡眠時間を確保する。

鍼灸施術マッサージ療法(筋肉の血流を改善させ、筋緊張をやわらげる)、温熱療法(蒸しタオル、入浴などで筋緊張をやわらげる)、運動療法(筋力強化)、安静薬物療法(シップ薬、筋弛緩薬、局所注射など)

が改善に効果的です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

予約はこちらから↓

(LINE予約

本郷三丁目駅徒歩3分 東大赤門目の前

肩こり・腰痛・痛み辛さご相談下さい。

本郷赤門前鍼灸院整骨院

QRコード 電話