《股関節痛》歩くと痛い?痛いから歩けない? | 本郷三丁目駅より徒歩5分の本郷赤門前鍼灸院整骨院 | 2021年11月5日
トップページ > ブログ > 未分類 > 《股関節痛》歩くと痛い?痛いから歩けない?

《股関節痛》歩くと痛い?痛いから歩けない?

  • 2021年11月05日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは、本郷赤門前鍼灸院整骨院です。

本日は、よく当院にもお問合せのある股関節の症状について。

(骨盤の歪みの話はこちらから)

(水中歩行に関してのお話はこちらから)

痛いから歩けない

と訴える方。

歩くと痛くなってしまう

と訴える方。

両者は共に 

《痛いこと》  《歩けないこと》

を訴えていますが、意味するものは異なっています

股関節の痛みは一日二日で急激に始まるものは少なく、

生涯の身体の付き合い方でだんだん痛みを生じていきます。

勿論、先天性の骨異常(障害)やスポーツで繰り返される動作の負荷で

ケガをして痛める方もいます。

特に股関節は現在の痛みに目を向けるのではなく、

その人の歴史(過去)を紐解き症状と向き合っていくことが必要です。

よくある例ですが、左の股関節に痛みを感じ手術をする。

すると右の股関節が痛くなる。

この現象で考えられるのは、

①右股関節に痛みがあり左の股関節で庇い続けていたこと。

②手術後に動かせない左股関節に代わり右股関節を酷使(負荷を強いる)したこと。

これらは

【卵が先か、鶏が先か】

ではないですが、しっかりと痛みの原因の最初を明確にする必要があります。

痛いから歩けないのであれば、痛みの原因を。

歩くと痛いのであれば、どのタイミング、どの動きで痛くなるのか

フォーカス(焦点)を充てるべき場所を明確にし、

一時的な対処療法ではなく、根本改善を行っていくとをオススメ致します。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

予約はこちらから↓

(LINE予約

本郷三丁目駅徒歩3分 東大赤門目の前

肩こり・腰痛・痛み辛さご相談下さい。

本郷赤門前鍼灸院整骨院

QRコード 電話