足のつり | 本郷三丁目駅より徒歩5分の本郷赤門前鍼灸院整骨院 | こんにちは鍼灸師の陸です。 本日も我が家にいる猫の写真を 生後約4か月になりますが、すくすく育ちすぎて怖いです。。。。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本日は足のつりについて。 ほとんどの方がふくらはぎ、もしくは足の指や大腿などどこかしらつったことがあるのではないでしょうか? 今回は特に多い足がつる原因について載せていきます。 原因を知ることで事前に……続きを読む

足のつり

  • 2021年08月22日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは鍼灸師の陸です。

本日も我が家にいる猫の写真を

獲物を狙っているときに悲しそうな顔します

生後約4か月になりますが、すくすく育ちすぎて怖いです。。。。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本日は足のつりについて。

ほとんどの方がふくらはぎ、
もしくは足の指や大腿などどこかしら
つったことがあるのではないでしょうか?

今回は特に多い
足がつる原因について
載せていきます。

原因を知ることで
事前に対処していきましょう!


足をつるのは運動しているときに多いですが、
夜寝ているときにつることもあります。
実際に僕も子供の頃、寝ている時につって
親に助けてもらったことがあります。。。

主な原因は4つあります。


水分不足
寝ている時や寝る前、寒いときはあまり水分を取らないことが
多いのではないでしょうか?

汗をかくと水分が減るので身体の中の水分が不足し
血液がドロドロになります。

その結果、筋肉が疲労するのでつりやすくなります。


ミネラル不足
身体の中の水分にはミネラルが含まれています。
水分が減るとイオンバランスが崩れるので、
思い通りにコントロールできなくなります。

また、真水ばかり摂取していても
つりやすくなるので注意が必要です。


③冷え
寒さでもそうですが、エアコンなども原因になります。

身体は体温を逃がしたくないため、
冷えると筋肉を緊張させます。

寒いときに伸ばそうとしても伸びないのはこれが原因です。
特に寝ているときにつる多くの原因は冷えにあります。


筋肉疲労
普段、寝ているときの筋肉はゆるんでいるのですが、
激しく運動した後などでは筋肉が緊張していることがあります。

その結果、痙攣を起こし、つりやすくなります。

運動前後のストレッチをすることでつることを予防しやすくなります。


上記にあげた原因は、
日頃の生活を少し変えるだけで予防に繋がります。

痛い思いをする前に予防をしていきましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

QRコード 電話